記事一覧

マネキン製造会社のモニュメント

某マネキン製造会社の、旧流通センターの敷地内に建つモニュメント。円筒形の柱に、無数のマネキン人形が埋め込まれているように見えます。初見では全体像として目に入ってくるので、ごちゃごちゃしているから、マネキンの集合体とは認識しずらいかもしれません。マネキンは全て女性型で、人体欠損したものとバラバラに切断された切り株ばかりで構成されています。そう書くと、かなり猟奇的な感じになりますが、見た印象は、芸術的...

続きを読む

リアルマネキン・リターンズ

お待たせしました!「銀座コア」のショーウィンドウの新撮です!←待ってたのは私だけでしょうか?前回(記事『焦らされて、秋』)報告したように、3回連続でアブストマネキンが使われていましたが、ご覧の通りっ!遂に、というかやっとリアルマネキンの復活です!採用されているのは、やはり七彩の子たちです。やっぱり!リアルマネキンは良いですねっ(笑)!それでは、いつものようにマネキンの解説をしたいと思います。この子...

続きを読む

その美貌は、最高級ブランドをも凌駕する!

「小田急百貨店 新宿店」をマネ探では初めて訪れてみたところ、絶世の西洋人美女と遭遇!!彼女は吉忠マネキンの「Flamme」シリーズの型番は「OF7」で、ご覧の通りの座りマネキンです。今年の夏に、銀座(記事『“炎”が燃えた浪漫の夏』)で立ち姿の同シリーズと遭遇しておりますが、その時も余りの美女超絶リアル振りに絶句したのでした。そして私は、吉忠マネキンの「Flamme」及び「FlammeⅡ」シリーズにツボを突かれてしまうこと...

続きを読む

木枯らし1号

訪れるのはもう5度目となる「京王百貨店 新宿店」のショーウィンドウ。ショーウィンドウのタイトルは、前回訪問時(記事『ニュータイプ』)と同じ『2017 Autumn』ですが、背景のディスプレイは、より一層秋の深まりを感じさせる紅葉があしらわれておりました。その美しさに見入ってしまった私ですが、やはり6体のマネキンが立ち並んでいて、いつも1体に付き30枚程度も撮る私としては、そうもゆっくりとはしてられません。←...

続きを読む

キャメロンマニア

今回も「マネキンマニア」さんに頂戴した「キャメロン」さんの傑作写真をご紹介いたします。本記事の趣旨も記事『エロス溢れる「キャメロン」さんは、もはや芸術作品!』と同じですが、前回伝えきれなかったことを書いております。無防備にも半裸で窓際にたたずむ「キャメロン」さん。室内にいると、この姿が外からは丸見えになっているという自覚はないものです。こんな風に意外にも丸見えなんです。等身大のヒトガタである以上、...

続きを読む

エロス溢れる「キャメロン」さんは、もはや芸術作品!

「マネキンマニア」さんには多くの画像を頂いておりますが、今回はその中でも実際の女性に見紛うほどの、超絶リアルな写真を選りすぐってみました。小売店に置いてあるマネキンは、商品である衣装を顧客にプレゼンテーションするためですが、個人が自宅に置いているのは、主に愛でるためであります。そのために、マネキンの背景にはラックに掛かった沢山の衣服も見られないし、ショーウィンドウのディスプレイのなかの煌びやかなオ...

続きを読む

焦らされて、秋

彼女らは七彩の「BELDAD(ベルダ)」シリーズ。型番は、手前のマネキンが「BELDA-2(B)」で、奥が「BELDA-1」。ここは2カ月振りに訪れた「銀座コア」のショーウィンドウ。前回(記事『銀座コアの今後の動向は?』)はトーマネのアブストマネキンが置かれていたので、次回以降の動向が気になっていたのですが、今回は七彩のマネキンに戻っていました。ただし、ご覧のとおりのアブストマネキンでした。実は、今回記事のマネキンは...

続きを読む

銀座はワンダーランド!

空間的な広がりを感じさせる、「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン) 松屋銀座店」のショーウィンドウ。ヴィトンを撮るのは随分と久し振りです。というのは、シャネルを撮るなら、その対面に位置しているヴィトンも当然見ているわけですが、マネキンが置いていない時が多く、あってもかなりの高所に置かれていたりで撮らないこともあったからです。それらは以前、記事『ライバルに見とれて?』で掲載したマネキンが衣装チェンジしたもの...

続きを読む

シャネルのマネキンは、いつニュータイプになるのか?

3カ月振りに「CHANEL(シャネル) 銀座 」のショーウィンドウを訪れました。今回のシャネルのステージは、いつになく簡素な印象です。ただしファッションは、当然、自然にゴージャスです!ワンレングスがとても似合っている、セクシーな横顔が最高に美しい。マネキンの衣装は真冬の格好ですが、撮影日は30度超えの真夏日もある9月の上旬。ファッション業界がワンシーズン先の衣装を店頭に置くのは当たり前ですが、どうも暑苦しく...

続きを読む

ニュータイプ

「京王百貨店 新宿店」のショーウィンドウを訪れるのは、これで4度目です。今回も同じ顔が6体たたずんでおり、同じシリーズのポーズ違いが見られるのが楽しい。今回は、ヤマトマネキンの「grace(グレイス)」シリーズ。当然、記事『在庫僅少、“優美”なマネキン』で紹介した七彩の「Grace(グレース)」とは全くの別物です。※読み仮名が微妙に違っているのは、メーカーさんが命名時に、一応区別させたのでしょうか?メーカーカタ...

続きを読む

アーモンド

彼女の名は「アーモンド」。その名が肌の色から命名されたことは、容易に察しがつくことでしょう。持ち主さん曰く「ラテン系金髪」な彼女ですが、褐色の肌にブロンドで青い瞳、という組み合わせが印象的。黒光りする褐色の肌には、ヒョウ柄のキャミソールがヤケに似合う。そのお姿は、まるで黒豹(女豹)!肉食系女子ですね。片乳無料サービスで獲物を誘う眼差しに、ハート・オン・ファイアー♡そして、一夜をともにした夢の跡。「...

続きを読む

「美香」さんの制服コレクション(飲食店の場合)

当ブログでお馴染みの「セキトリイワシ」さんから頂いた「美香」さんは、ちょっとマニア心をくすぐることになっております。男性に収集家が多いのは、遥か原始時代に培われた狩猟本能の名残りとされていますが、セキトリイワシさんは現在、その本能を満たすべく(?)、有名飲食店の女性用のホンモノの制服各種を収集しておられます。それらを「美香」さんに着せているのですが、なかなか楽しそうなコレクションなんですよ(笑)。...

続きを読む

破壊力抜群!!個人蔵「キャメロン」さんの肢体

先日ご紹介した『マネキンモデル「キャメロン」のブログ』の管理人さんから沢山の写真を頂きました!!被写体は、もちろんマネキンモデル「キャメロン」さん♡しかも!その多くがキャメロンのブログさんでも未公開の、“秘蔵写真”とのことですっ!!「マネキンマニア」さんの上記ブログのアメブロでは、結構「NGなものがある」とのことから掲載できず、成り代わって私MH HANSが「キャメロン」さんの魅力を伝えることを託されました...

続きを読む

マネキンとラブドールが織りなす日常、「キャメロン」のブログ

本日は、とてもマニアックで素敵なブログを発見したのでご紹介いたします。ブログ名は、『マネキンモデル「キャメロン」のブログ』です。キャメロンのブログさんは、1体の女性型マネキンと3体のラブドールが擬人化されて、家族として彼女らが織りなす日常の出来事を紹介するといった趣向です。MCは、このマネキン人形の「キャメロン」さんで、なんと3児の母という設定。一応説明しておきますが、「キャメロン」さん=管理人さん...

続きを読む

あなたのマネキン見せてください!

個人でマネキンを所有されてらっしゃる方にお声掛けいたします!タイトルどおり、あなたのマネキン見せてください!ただし、まず第一に、リアルマネキン(アンティークマネキン含む)オンリーで、抽象マネキンは不可。頂いた画像はもちろん当ブログに掲載いたします。【募集要項】・画像オンリーの募集となります。・他人の所有物は不可!トラブルの元です!・持ち主様ご自慢の衣装を着せてください。・生まれたままの姿(つまり裸...

続きを読む

ドラマで使われたお店の、歯があるマネキン

東京都は足立区の、とある商店街の某婦人服専門店さんにお伺いしました。今回のマネ探のお相手は、70歳代前半ほどの快活な女性店主さんです。商店街は、2008年に大林宣彦監督の映画『その日の前に』でロケに使われ、こちらの店舗は、2014年に放送された観月ありさ主演のTBSの金曜ドラマ『夜のせんせい』で店内が撮影に使われたそうです。そんなお店さんの店内には、現在3体のリアルマネキンがあります。そして、その内...

続きを読む

傑作!ほのかなエロス漂う熟女マネキン!

埼玉県春日部市のアダルトショップ「V-MAX PLUS(ブイマックス プラス) 春日部店」さんを訪ねました。こちらのショップさんは、アダルトDVD・漫画の新品の販売や中古品の買取り及び、アダルトランジェリーやコスプレ衣装の販売をされています。郊外の大型店である店内は広く、ゆったりと男の時間を過ごすことができる(笑)。ただし私は、お店が提供する趣旨とは異なる独特の遊び方をさせて頂きました。それは当然、“マネキンを撮る...

続きを読む

昭和ノスタルジー

77歳のご主人が経営する、さいたま市浦和区にある、某下着・靴下専門店さんにお伺いしました。マネキンの周囲を見ると、まるで倉庫のようですが、手書きのポップが「昭和」な店内なんです!店舗の建築は昭和36年(1961年)とのことですが、開業はそれ以前で、ご主人のお姉さんが始められ、その後ご主人も参加しての姉弟経営となり、現在はご主人のみでやってらっしゃいます。マネキンの導入時期は、お姉さんが入れたために...

続きを読む

ブログ『マネキン探訪』1周年!!

本日で、私が当ブログを始めて丁度1周年を迎えました!!最近徐々に記事掲載のペースが間延びしてきてはいますが、ほぼマネキン人形だけに焦点を絞り、およそ週に2記事のペースでアップロードしてきたにしては、よくもったなあ~と自分でも感心しております。私自身が撮ったマネキン及び人型は、本記事を書いている今現在で298体となりました。これは再訪した店舗で再び同じマネキンを撮った場合は含めていない数字で、延べで...

続きを読む

世間は狭い

皆さんは「生身の女性には興味がない英国人の男性が、共に暮らす9体のマネキンの内の1体と、なんと教会で結婚式を挙げた」という実話をご存知でしょうか・・・。これを着ている彼女の名は旧姓(?)「鈴木美香」。当ブログで過去三度紹介させて頂いた「セキトリイワシ」さんが所有するマネキンです。ご覧のとおりのウエディングドレス姿から、もしやセキトリイワシさんも「マネキンと結婚したのか!?」と思ってしまいます。真相...

続きを読む

プロフィール

MH HANS

Author:MH HANS
子供の頃、よく父に連れられて、田園地帯に案山子を見に行きました。
そのせいか、十年も前に『案山子の倉庫』というタイトルの、案山子ばかりを紹介したホームページをやったことがあるほどに案山子が好きでした。
成人すると、気がつけば、抽象的なヒト型の絵や彫刻などに興味を持っていました。
ただ、リアルなものには全く無関心。
そして、中年である現在、マネキン人形に唐突に魅せられてしまったのですが、私自身が不思議なのは、マネキンの場合は彫刻と違って逆に、リアルなものが断然好きであること。

とにかくここでは、昔からヒト型に魅せられて来た私とだけ申し上げておきます。

拍手数ランキング

人気ページランキング

ショーウィンドウを撮るために

マネキン関係の書籍

探訪者